のんびりサボサボしたい(*'ω'∩)
Crypto

【税金】パレットトークンのステーキング報酬の損益計算方法(*’ω’∩)

PLT-calculation3

パレットトークンでステーキング報酬を損益計算方法

一部エアドロップ・NFT売却の解説も解説しています。

損益計算サイトCRYPTACT(クリプタクト)を使って説明します。

(*’ω’*){ 分かりやすく簡単

≫公式CRYPTACT(クリプタクト)

別途でメタマスクを使ってる方はこちらKoinlyがメタマスクアドレスを無料で損益計算できるので参考に

エルマスの報酬は追記で修正予定

この記事でまとめてること

概要と税金の確認

ステーキングとリワードの計算

はじめに注意です。

私自身は税理士ではないので確定したアドバイスはしません

法律の独占業務に当たるため。参考として覚えていただいてください

リワード(報酬)についての計算、税金の発生タイミングの確認

該当は2つですが、タイミングや取引所によって変わってきます。

2つのステーキング報酬
  • PLTウォレットの報酬
  • コイントレードによる報酬

計算は基本的には変わらず簡単ですので、ご心配なく

エアドロップの入るタイミング

  • キャンペーンで当たって貰うタイミング
  • 取引所の開設時に貰えるもの
  • NFTを購入時の%で貰える紹介コード

これらがエアドロップに該当

NFTは難しいと感じますが、ステーキングの画像を照らし合わせながら入力すれば問題ないです。

NFTに関しての概要と税金

NFTに関して

クレジットカード決済からの売却時はPLT受け取りで行います。

簡略ではありますが、PLTで購入した時も説明します。

購入時は税金はかからない、時価の値段としてカウント

売却時に税金がかかる

≫STEPENの税金計算方法とは?でNFT売買時の税金が掛かる流れや経費について分かります。

ゲームの報酬や経費については色々ありますが、こんなツイートをしました。

国税庁で定められてはいるが、明確ではない部分もあるんですよね

まとめるとこんな感じ。

※あくまでも想定として話してるので完全にこれらが正しいとは判断できません

ゲーム内で受け取った場合は時価とも取れますが、換金時も時価と言えなくはないんですよね。

ゲーム内通貨に関して気になる方は、こちらで問い合わせて確認してください。

(*’ω’*)∩ {この辺は、修正&追記予定

ステーキング報酬の税金タイミングは受け取った時価

≫【仮想通貨・暗号資産の税金】損益発生タイミングについて

国税庁の公式サイトで確認出来るので参照してくださいね

10ページの6マイニング、ステーキング、レンディング~の個所

クリプタクトはデータを入力すれば直ぐに時価が反映されるので楽

(∩’ω’∩){ありがたい!

クリプタクトは取引50件まで無料ですが、ステーキングを行うと120件以上になるので有料プランが必須になります。

初めは慣れない場合もあるので、まずは無料登録してなれましょう

ステーキング取引量とは?

報酬を得られた時点で取引1回したというカウントです。

PLTウォレットの場合は基本的に3日毎1回、1ヵ月10回発生

年間120回になります。

コイントレードの場合は月に3回、初回は2回の場面もある

面倒な仮想通貨の損益計算を全自動で【CRYPTACT(クリプタクト)】

ステーキングを損益計算

PLTウォレットの計算方法

PLTウォレットでステーキングをしてるとメールでPLTが届きます。

報酬は受け取った時点の時価

PLT-wallet.reward

メールが分からない方は、PLTウォレット右下の設定を選択

PLT-wallet.setting

右上に手紙マークが出るので、選択すると届いた画面になります。

PLT-wallet.setting2

より細かい内容で入力したい方は

フォロワーさんのたぶんクマさん(@tabukuma)さんのデータを入力するのが一番早いです。

Twitterで公開してるので非常に便利

それでは始める前に確認

クリプタクトのカスタムファイルのフォーマットを確認しましょう

 

カスタムファイルのフォーマット

送金履歴は原則不要です。

ご利用者様のご自身の口座間の送金履歴は記載頂く必要はありません。ただし、仮想通貨建で支払った送金手数料のうち自動対応行っていない分のみ、記載例2.5をご覧の上ご記載下さい。

項目名内容データ例
Timestamp取引の時刻。YYYY/MM/DD HH:mm:ss 形式タイムゾーンはアップロード画面で指定。初期値は日本時間。2016/12/23 12:23:34
ActionBUY/SELL/PAY/MINING/SENDFEE/REDUCE/BONUS/LENDING/STAKING/CASHBORROW/RETURN/LOSSBUY
Source任意のデータソース名(取引所名や商品名など)※空欄ですとエラーとなりますので必ず入力ください。取引所A
Base主軸通貨(ベース通貨) 対応済み仮想通貨一覧 の中から選んで下さいICN
Volume主軸通貨のポジション増減量(絶対値)150
Price主軸通貨1単位あたりの決済通貨価格※空白かつCounterがJPYかUSDの場合は、クリプタクトの価格を自動参照。クリプタクトが価格を取得できているかどうかはこちらをご参照ください。550
Counter決済通貨(カウンター通貨) 対応済み決済通貨から選択JPY
Fee取引に支払った手数料0
FeeCcy手数料の通貨 対応済み決済通貨から選択JPY
Comment(省略可)任意のコメント。クリプタクトでは使いませんが、ご利用者様の識別用にお使いください。 
カスタムファイルの作成方法(カスタム取引) – support@cryptact

上記の状態をExcelに入力します。

追加で行や列の間に差し込む場合は矢印の部分を「右クリックして”挿入”」すると出来ます。

PLT-wallet-staking

ActionSTAKINGと入力しましょう

流れで覚えればOKです。

これらの入力を済ませておけば自動で時価も計算してくれます。

無事に入力し終えたらクリプタクトのサイトを開きましょう

トップ画面に映ったら右にアップロードがあるので選択

ステーキングをする前に取引所にある取引履歴は各ダウンロードして控えましょう

PLTウォレットや該当しない取引所の場合は基本はカスタムに入れます。

Excelファイルを

『コピー&ペースト』

入力できてたら下記画面のようにデータが入り、アップロードが押せる状態になります。

アップロードが無事に出来たら完了の文字がでます。

もしエラーの場合は赤くなります。

カスタムの右上にあるゴミ箱からやり直してください

一連の流れは以上です。

取引記録をアップするだけで自動で税金計算【仮想通貨損益計算のCRYPTACT(クリプタクト)】

エラーの際PalletToken表記ではない場合がありますが、そのときは手動で変更してください。

コイントレードの計算方法

報酬の合算方法

コイントードの計算はPC上で行います。

何故かというと、秒単位で入力するからです。

ステーキングをする際の注意

ステーキング後に買い増しなどで追加でステーキングした場合は注意が必要です。

なぜ注意が必要なのか?それはステーキングのリストが増えるからです。

期間がバラバラのステーキングが5つ行った場合、時間が一緒じゃない限り一つ一つ計算しなくてはいけません

これらを踏まえたうえで履歴をの準備をしましょう

一旦アプリの画面を見てみましょう

ステーキング5つ分の報酬があります。

アプリ画面ではまでしか確認できません

それではPC画面へ

まずは左の矢印にある「入出金履歴」を選択

ピンクの丸に日付を入力して、右にある検索をすると下の画面にステーキングなどのリストが表示されます。

青丸は秒単位まで書かれた時間が載ってますので、それらを入力しましょう

もし秒の時間も一緒でしたら合算させることが可能です。

ExcelのCSVはないの?

こういった意見もあるかと思い事前にCoinTradeのサポートでお問い合わせをしました。

結果はこちら

今後、ExcelのCSV機能追加を検討してるそうです。

クリプタクトは無料で登録できるので、お試しで始めるといいですよ

≫詳細はこちらから

PLTのエアドロップの計算

【PLTウォレット】NFT購入時の紹介コード

エルフマスターズのNFTを購入する際に紹介コードを使ったら購入額の1%が還元されました。

得られたPLTはどうすれば良いのか?

クリプタクトに聞いたらエアドロップでOKでした。

PLT-airdrop

実際に反映させたのがグレーの個所ですね

PLT-Bonus

下のボーナスはコイントレードで登録した際にエアドロップされた報酬

そのため項目がSTAKINGではなくBONUSになってますよね

キャンペーン時に貰った場合も同じ括りで大丈夫です。

こちらのキャンペーン

当選して150PLTが当たりました。

その場合も上記のBONOSで入力してかまいません

コイントレードでも登録キャンペーンでエアドロップをGETした際は、Pallet WalletからCoin Tradeに変えてるだけです。

もし今後コイントレードでステーキングを利用することがあったら上記のことを踏まえたうえで行ってください

≫年率27%の公式コイントレードはこちらから

NFTの売買

クレジットカード決済&売却

今回はMONZのNFTをクレジットカード決済で購入

売却時はPLTで受け取りになります。

実際の画面がこちら

4つ購入で1つ売却です。

入力上は4つ書いてありますが、1ヶ所に集めるのでも可能

その場合は数字を合算させて一つに集約すれば問題なしです。

SELL(売り)のPLT220は手数料をPLTで払いましたよって言う意味ですね

≫PLT Placeで日時を確認

万が一、売りの時にエラーになったら編集しましょう

基本は時価の値段が反映されないことも多いです。

決済通貨&手数料通貨を日本円に変えればOK

ちなみに価格が知りたい方は画面右にある「価格を参照する」選択してください

選択したら右に切り替わります。

それでもエラーになる場合は書いてある値段を覚えておいてもう一度、編集して入力しましょう

PLTで支払いする場合

MONZの値段29,772円の右のJPYが0を挟んで2つあります。

両方ともにPLTに変えれば完了です。

(*’ω’∩){ 簡単だ!

仮】経費・換金・召喚・スカラー【注意:追記予定

2022年11/21【一部更新:換金 & ミント】

ここからは現在:執筆予定のため一部載せておく参考程度にしてください

あくまでもクリプタクトのを引用元にしたものになります。

公式サイトの一番下にあるヘルプセンターから各ワードで検索できます。

Actionの入力時について

経費について

マネージャーとしてスカラーさんに通貨を送る費用などに該当

マネージャーがスカラーさんに支払うさいに、マネージャー側の場合は経費

2.13.損失/費用の計上

例:取引所が閉鎖され、保有していた0.1BTCを取り出せなくなった。担当の税務署に確認し、損失計上が認められることを確認した

例2: Funding(ファンディング)取引において、0.1BTCの手数料を支払うことになった。

TimestampActionSourceBaseVolumePriceCounterFeeFeeCcy
失った日時を記載。LOSS任意BTC0.10JPY0JPY

2.15.法定通貨で支払った費用

例:マイニングの費用として計上できる費用が2,000円発生した。

TimestampActionSourceBaseVolumePriceCounterFeeFeeCcy
支払った日時CASH任意JPY00JPY2000JPY

※法定通貨での収入があった場合は、Fee欄にマイナス数値で入力してください。

※USDなどで支払った場合は、Base,Counter,FeeCcyにUSDとして入力してください。

コイン受け取り時 or 換金

まずActionBONUSで大丈夫です。

問題はここからで、税金の発生タイミングは主にコイン受け取り時、または換金時と言われます。

ここで踏まえたいのがコイン受け取り時はゲーム内での受け取りで本当に良いか?という点です。

実際のところゲーム内は結局ゲームの中だけでしか使用できません、換金(出金)が終わって初めて通貨として機能します。

そこを考えた上で判断するならば、換金時でも良いという風に捉えることが出来ます。

Mint(ミント:NFTを生成)

エルマスに関してはPLT消費でNFT(マスター)召喚で生成する際は下記2ヶ所のケースが該当する。

エルフマスターズのNFT生成の際はマスター×マスター同士の2体だけ必要です。

生成後のマスターは消費されず、代わりにPLTが消費されることから、ActionBUYに該当されると考えています。

⑧スニーカーをミントとしたとき(スクロールを使用していない場合)

クリプタクトでは1対複数コインのスワップを一行で表現することができないため、①コインの使用履歴と②新しいスニーカーの取得履歴に分けて記載をしてください。

なお、ミントの際に参照するスニーカーのミント可能回数を消費することになりますが、その点については考慮しておりません。

例:新しいスニーカーをミントした。その際にGSTを5枚、GMTを10枚使用した。クリプタクトの時価を自動参照すると、GST=1000円、GMT=2000円だった

▼GSTとGMTの使用履歴の記載事例

TimestampActionSourceBaseVolumePriceCounterFeeFeeCcy
取引日時を記載。SELL任意GST5空白*1 もしくはご自身で調べた価格を記載JPY0JPY
取引日時を記載。SELL任意GMT10空白*1 もしくはご自身で調べた価格を記載JPY0JPY

■NFTをミントした際の記載方法

例:ABCというNFTをミントした。ミント時に0.1ETHを消費した

TimestampActionSourceBaseVolumePriceCounterFeeFeeCcy
取引日時を記載BUY任意USER-ABC10.1ETH0JPY

スカラーへ送った場合

少しここらへんは難しいところ、エルマスの場合

あえて譲渡という形にすればスカラー側はこれでも良いような気もしますが..

Q. 第三者へ仮想通貨を無償譲渡した場合はどのように入力すべきか教えて

Avatar

Support (A.M)

2022年10月04日 12:12

A.2021年6月に国税庁「暗号資産に関する税務上の取扱いについて(FAQ)」の16にて無償譲渡に関して明記されたため、売却として記載いただく必要があると理解しています。

例:0.1BTCを友人に無償譲渡した。譲渡時点の価格は1BTC=500万円だった。この場合のカスタムファイルの記述方法は以下の通り:

TimestampActionSourceBaseVolumePriceCounterFeeFeeCcy
譲渡日時を記載SELL任意BTC0.1(空白 *1)JPY0JPY

以上が話の流れになります。

ここからはOKCOINを使用してる方へのおまけです。

おまけ:OKCOINの通貨変更

OKCOINを使用してる方でCryptactに入れた際に通貨が変だったことはありませんか?

本来はPallet Token(PLT) CCPLTと表記されるところPlutusDeFi PLTとなってるので変えたい場合…

クリプタクトのトップ画面に戻って頂いて「取引履歴一覧」を選択

こちらの画面になったらOKCOINの通貨を選択

この画面になったら主軸通貨を選択

選択するとPalette Token(PLT) CCPLTがあるので選択保存すれば変わります。

そして価格参照をするにもチェックしておきましょう

これでPLTの価格が自動で入力されるようになります。

税金に関して疑問や税理士について

問い合わせをしたい場合

取引の状況や海外取引所、記事にも載っていない情報

仮想通貨の税金関係はまだまだ、あやふやな部分も多くあります。

税理士によっては解釈違いで税金のやりかたも違う場合があります。

しかし、それは見方が異なる場面も多くあるからです。

実際に税金を調べて考えると、何通りかのパターンが分けられると考えたことはありませんか?

そういった自分の解釈と照らし合わせるためにも問い合わせは自分のために利用しなければいけません。

税理士の問い合わせは「こちら」から行ってください。

そのままの流れで税理士に請け負ってもらうことも可能です。

税理士を使う場合

すでに損益計算は終わってるけど、税理士を使うか迷ってる人は何で迷ってますか?

税理士を使う悩み
  • 利用時の料金が高い
  • 非常にややこしくて本当に大丈夫か
  • 仮想通貨と別のも一緒に行いたい

仮想通貨の税理士が沢山いすぎて迷うと考えてる方

料金も下から上まで幅がありすぎて、どれを利用していいか分からなくなる

そういった疑問をお持ちの方は税理士紹介のサービスを使って相談しましょう

相談する内容や今どうしたいのか?疑問に思っている部分の解決などの提示を受け取って希望することを利用してみてはいかがでしょうか?

≫ 税理士紹介希望者募集『税理士紹介ネットワーク』の詳細を確認してみる。

まとめ

(∩´ω`∩){ おつかれさまでした。

本日のまとめ6選
  1. PLTウォレットの計算方法
  2. コイントレードの履歴確認
  3. コイントレードのステーキング合算
  4. エアドロップの計算
  5. NFTの売買計算(クレカ決済)
  6. おまけ:OKCOINの通貨変更

≫コイントレードは初めのうち特殊かな?と思いましたが案外イケたので無事に計算できて安心です。

最初はこうした計算は苦手と感じますが、何度も行ってると慣れてきますので諦めずに挑戦してみましょう!

≫Cryptact(クリプタクト)で簡単計算を始めてみる

くま太くん

少しむずかしかったかな?慣れるまで頑張って!(@CodeCrystal)よろしくね

POSTED COMMENT

  1. […] PLTウォレットやコイントレードのステーキングによる損益計算については「こちらのぺーじ」で解説してます。 […]

  2. […] ビットレンディングもこちらの方法なら計算できるので参考までに≫【クリプタクト】パレットトークンのステーキング報酬の税金計算 […]

  3. […] Crypto 【税金】パレットトークンのステーキング報酬の損益計算方法… […]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です