のんびりサボサボしたい(*'ω'∩)
Crypto

【リスクヘッジ】パレットトークン(PLT)のステーキングは下落対策になるのか?(∩’ω’*)

PLT-staking-graph

パレットトークン(通称:PLT)をステーキングをしてリスクヘッジになるのか?

IEOから下落続きだけど本当に対策になるのか?を考察して解説してます。

この記事でまとめてること

はじめに

ステーキングの注意点

はじめに

結論①.ステーキングはリスクヘッジになり原資回収可能

結論②.長期保有になるので回収まで時間が掛かる

原資とは?

最初に投資した資金のコト

原資回収は投資した資金を抜いて運用に回せるという意味にもなる

はじめてPLTウォレットでステーキングを開始したのが2021年9月

≫【PLTウォレット】PLTでステーキング報酬を貰ってみた[税金の注意点]

年率が14%以上の利回りで可能性を感じた瞬間

そして2022年7月末にてコイントレードに移してでステーキングを開始

年率27%なのでこれがリスクヘッジを加速させます。

≫【コイントレード】パレットトークンをステーキング【報酬までの流れ】

注意.ステーキングは暗号通貨の特性であるボラティリティを理解した上で行ってください

それでは本編へ

(∩’ω’∩){ヨイショ!

ステーキングの特性を理解した上で利用する

ステーキングは開始して直ぐに利益が出る訳じゃない

ステーキングは非常に利率が良く魅力的

しかし下落しやすい傾向でもあります。

また

ステーキングを行う上で安易にステーキングが始まったからと言って飛びつくのはNG

ゾゾ

冷静に全体の相場を見るのも大事だよ

海外のコインは年率100%を越えて魅力的に見えますが、そのまま上がらないパターンもあります。

やはり信用性に欠けるので利率がいくら魅力的に見えようと手は出さない方が無難です。

ステーキングをする上で覚えておくコト
  • ステーキングは短期の場合、直近の相場に対応出来ない
  • 価格が10/1になる可能性もある
  • 年率によるが原資回収まで時間が掛かる

下落相場であれば段階的に少しずつ買い増してPLTを効率的に増やすのが早い場合があります。

需要と供給とは?

ステーキングで供給(PLT通貨の発行枚数)が増えると価格は下がる

需給(PLTを買う人)が増えれば価格も上がる

にゃん次郎

通貨数は増えるから長期ではプラス

通貨の価格を気にするだけじゃなく企業のことを知っておくことです。

ステーキング中にも企業はプロジェクトを始動してます。

国内から海外へグローバル展開し、プロジェクトと共に提携をしていきます。

ウサピョン

法人から通貨が買われたら需要が増え価格も上昇する

PLTの価格が伸びるには?

法人が買うことで価格が上昇してPLTの価格が押し上げられる

提携が増えてくることで周知に繋がり、結果的に個人の買いも発生しやすくなる

ステーキングがリスクヘッジになる意味

ステーキングで原資の保有数を上回ったら

そもそも本当にリスクヘッジになるのか?

ちなみに

著者は500万を約PLT50円の時に購入してます。

今回は例としてリスクヘッジについて見てみましょう

1番左が投資価格

価格が半値の25円になったら真ん中のようになります。

500万が250万へDown

しかし半値時にステーキングでPLTを5割プラスで所有していた場合

+125万回復しています。

更に下落してPLT価格が20円になったら?

保有数が原資と並んだ場合

-100万円ですが、25円の時と比べて+25万になっている

更にPLT価格が下がり15円

20円から下になると価値が一気に変わってくるので報酬時の価値も高くなります。

保有数300,000PLTの場合

含み損も-50万まで減ってます。

保有数を500,000PLTの場合

この時点で750万になり、とうとう原資を越え利益に変わってきます。

+250万

ひよこちゃん

簡略的ではあるけど面白いよね

上記はコインチェックの取引所で、数字と照らし合わせてシミュレーションしてました。

未来を見る上で、こうしたシミュレーションは大事なので参考までに27%ステーキングを行った検証もしました。

≫【コイントレード】PLTステーキング推定報酬でシミュレーション[2年3ヶ月で原資回収]

シミュレーションや条件の違いは出ますが、2年3ヵ月で原資回収は検証次第で可能

下落は資産価値が上がるチャンス

枚数を増やすことに意味がある

下落時こそチャンス

(∩’ω’*){含み損もパない!

下落=価値が下がるは言い換えると下で買うと保有枚数が増やしやすくなります。

もしもPLTの価格が25円から50円になったら単純に2倍です。

25円の時点では資産価値は25円のままだけど..

アルフィー

25円で購入した時の希少性が高くな

50円でステーキングが100PLT貰えるのと、25円で100PLT貰えるのでは圧倒的に価値が違う

価値が一緒なら25円の時に50PLTしか貰えないとおかしい訳です。

しかし

ステーキングをすることで保有枚数を同じ保有量を稼げるって言うのは実はとても大事

枚数を稼ぐことで含み損も減らしています。

ペンタゴン

ジワジワとプラスに転じる準備段階

長期投資なら自分の保有枚数を原資に近づける位置まで持ってこれればプラスへの恩恵が跳ね上がります。

枚数を稼ぐことの意味は自分の財産を守る為でもあり、プラスに転じる攻守一体にもなるわけです。

枚数を更に稼いだことでの上昇幅が格段に増えること

もしかしたら下落が数年間続くかもしれません

ポチ太

精神的にツラすぎて通貨を持ってられない!

そうなったら精神的にツライのは分かります。

それを乗り越えステーキングで積み上げた通貨数がプラスに切り変わる瞬間が来たら良かったと思える瞬間です。

極力買い増しをしない

精神的ストレスを緩和

買い増しをすることは原資も増えるので損失拡大になります。

しかし価格が半額になったタイミングでチャンスと思い買い増しをするのも分かります。

買い増しを視野に入れてるなら問題ありません

ただし必要以上に何度も買い増しをするのは得策ではありません

買い増しをすることは下落をした際に精神面のストレスにも負担が圧し掛かります。

ステーキングでPLTを増やし原資を減らさず気を付けるのも自分に合わせた方法です

とっとこ

精神的に慣れない人は特に意識した方がいいかも

メンタルのリスクを負うなら、こうした場面でも心のヘッジを心掛けましょう

まとめ

(∩’ω’*){まとめだぁー!

3つのまとめ
  1. 長期で行うことで利益に繋がる(リスクヘッジ)
  2. 下落時の報酬は資産価値が高まる
  3. 買い増しをしないのはメンタルリスク軽減

投資をして常に下落してたら誰でも嫌になると思いますが

ステーキングをすることでリスクヘッジになり、上昇時のブーストにもなります。

PLTはステーキング以外にも通貨を増やせる手段があるので、その話はまた次の機会に

ではでは、まったねー

(*’ω’∩){シャキーン

くま太くん

通貨の底上げでリスクヘッジにしよう!(@CodeCrystal)よろしくね!

POSTED COMMENT

  1. […] 暗号通貨 PLTは下落だけどステーキングはリスクヘッジ?(*&#8… […]

  2. […] 暗号通貨 PLTは下落だけどステーキングはリスクヘッジ?(*&#8… […]

  3. […] 暗号通貨 PLTは下落だけどステーキングはリスクヘッジ?(*&#8… […]

  4. […] 暗号通貨 【リスクヘッジ】PLTのステーキングは下落対策になるのか… […]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。