のんびりサボサボしたい(*'ω'∩)
Crypto

【コイントレード】PLTステーキング推定報酬でシミュレーション【原資回収ロードマップ】(*’ω’c)

staking-simulation

こんにちは(‘ω’)っ

今回はコイントレードのステーキングで推定報酬を使ったシミュレーションをしたことを解説しています。

再投資しつづけた2年間と言う想定で進めて行きます

※ 注意 年率は変動しますが今回は固定で行います。

この記事でまとめてること

はじめに

結論と注意

はじめに結論.27%のステーキングなら2年3ヶ月で原資回収は可能

ただしPLT通貨としてです。

注意点:1/10になった場合も継続することで原資以上に稼ぐことを想定する

(*’ω’*)∩{それでは本編へ

1回目の報酬と再投資

期間:2022年8月~11月上旬

ステーキング期間は90日間の年率27%

1回目は買い増しもあり2回以降の90日間に合わせる為に、買い増し分だけは60日間で行っております。

cointrade-staking-kakunin
PLT-stake2

2つ合わせて累計117,478PLTをステーキング

報酬は7,977PLT

報酬時に端数が出ますが四捨五入・切り捨ててカウントして話を進めて行きます。

下記からの期間はあくまで目安として載せてます

ステーキング1年で原資4割回収

2回目:22年11月→23年2月上旬

125,456 PLT : ステーキング

8,650 PLT : 報酬

前回より+673PLT

Staking → Reward
  1. 117,478 PLT → 7,977 PLT

  2. 125,456 PLT → 8,650 PLT (+673PLT)

3回目:2023年2月上旬~5月中旬

134,106 PLT : ステーキング

9246 PLT:報酬

前回より+596 PLT

Staking → Reward
  1. 117,478 PLT → 7,977 PLT

  2. 125,456 PLT → 8,650 PLT (+673 PLT)

  3. 134,106 PLT → 9,246 PLT(+596)

4回目:2023年5月中旬~8月下旬

143,352 PLT : ステーキング

9,884 PLT : 報酬

前回より+638 PLT

  1. 117,478 PLT → 7,977 PLT

  2. 125,456 PLT → 8,650 PLT (+673 PLT)

  3. 134,106 PLT → 9,246 PLT(+596 PLT)

  4. 143,352 PLT → 9,884 PLT(+638 PLT)

ステーキング2年2ヶ月で原資 : 回収完了

5回目:23年8月下旬~24年12月初め

1年4ヵ月経過で原資の半分回収まで来ました!

153,236 PLT : ステーキング

10,656 PLT : 報酬

報酬も1万を超えるように!

前回より+681 PLT

  1. 117,478 PLT → 7,977 PLT

  2. 125,456 PLT → 8,650 PLT (+673 PLT)

  3. 134,106 PLT → 9,246 PLT(+596 PLT)

  4. 143,352 PLT → 9,884 PLT(+638 PLT)

  5. 153,236 PLT → 10,565 PLT(+681 PLT)

6回目:2024年12月初め~3月上旬

163,801 PLT : ステーキング

11,294 PLT : 報酬

前回より+729 PLT

再投資分がかなり蓄積されてきました。

  1. 117,478 PLT → 7,977 PLT

  2. 125,456 PLT → 8,650 PLT (+673 PLT)

  3. 134,106 PLT → 9,246 PLT(+596 PLT)

  4. 143,352 PLT → 9,884 PLT(+638 PLT)

  5. 153,236 PLT → 10,565 PLT(+681 PLT)

  6. 163,801 PLT → 11,294 PLT(+729 PLT)

7回目:2024年3月上旬~6月中旬

175,095 PLT : ステーキング

12,072 PLT : 報酬

前回より+778 PLT

  1. 117,478 PLT → 7,977 PLT

  2. 125,456 PLT → 8,650 PLT(+673 PLT)

  3. 134,106 PLT → 9,246 PLT(+596 PLT)

  4. 143,352 PLT → 9,884 PLT(+638 PLT)

  5. 153,236 PLT → 10,565 PLT(+681 PLT)

  6. 163,801 PLT → 11,294 PLT(+729 PLT)

  7. 175,095 PLT 12,072 PLT(+778 PLT)

再投資分の蓄積がジワジワ増えてます

とっとこ

複利が効いてるねぇ

8回目:2024年6月中旬~9月下旬

シミュレーションの最後になります。

187,167 PLT : ステーキング

12,905 PLT : 報酬

前回より+833 PLT

報酬 + 再投資分が蓄積されてる
  1. 117,478 PLT → 7,977 PLT
  2. 125,456 PLT → 8,650 PLT(+673 PLT)
  3. 134,106 PLT → 9,246 PLT(+596 PLT)
  4. 143,352 PLT → 9,884 PLT(+638 PLT)
  5. 153,236 PLT → 10,565 PLT(+681 PLT)
  6. 163,801 PLT → 11,294 PLT(+729 PLT)
  7. 175,095 PLT → 12,072 PLT(+778 PLT)
  8. 187,167 PLT → 12,905 PLT


    再投資で複利が効いて+4,095 PLTも上乗せ

8回目終了時に累計200,072 PLT

計算上、約2年3ヵ月で原資回収になります。

※ 年率は変動するものであり確実にこういった結果になる訳じゃありません

500万投資して1,000万になって返って来た

∩(*’ω’*)∩{やったぁ~

ステーキングを更に拡大するなら?

3ヵ月の報酬毎のステーキング

シミュレーションは3ヵ月置きを想定して再投資を行った結果

あんな感じになりました笑

実際のコイントレードでの配布は月2~3回と定期的に行われます。

その際に、どれくらい配布されるのか?

コイントレードのお知らせにて

CoinTrade Stakeの報酬配布ルールに関して

2022年08月17日 / お知らせ

いつもCoinTrade(コイントレード)をご利用いただきありがとうございます。

PLTのステーキング報酬に関して、多数のお問い合わせをいただいております為、 CoinTrade Stakeの報酬配布ルールに関して説明をさせていただきます。

■報酬配布日に関して(全通貨共通)

報酬配布日は、基本的に毎月5日・15日・25日を予定しております。 上記日程は、報酬発生日(※)の関係で数日後ろ倒しになる場合がございます。 初回の報酬配布日は、初回の報酬発生日以降の最初に訪れる毎月の報酬配布予定日となります。 ※ブロックチェーン上でステーキング報酬が発生する日

■報酬発生に関して(PLTのみ)

ステーキング開始日から、ブロックチェーン上での初回の報酬発生日まで2週間程度必要です。 初回の報酬発生日以降は、3~4日ごとに報酬発生日が到来します。

■配布される報酬に関して(全通貨共通)

報酬配布日には、報酬発生日を迎えた報酬をまとめて配布します。

■年率実績に関して(全通貨共通)

年率実績は、配布済みの報酬と経過した運用期間を元に算出されます。 申込に対する全ての報酬が配布されるまで、年利実績は途中経過の値が表示されます。

• 報酬発生日①は8月16日頃となり、初回の報酬配布日が8月17日となります。

• 初回の報酬配布では、報酬発生日①の報酬である約2.3PLTのみが配布されます。

• 初回の報酬配布時点での年率実績が算出され、約5.3%となります。

• 報酬発生日②は、8月19日頃となります。

• 報酬発生日③は8月22日頃、報酬発生日④は8月25日頃となります

• 二回目の報酬配布日は、8月25日頃となります。

• 二回目の報酬配布では、報酬発生日①・②・③の報酬がまとめて約7.0PLT配布されます。

• 二回目の報酬配布時点での年率実績が更新され、約13%となります。

• 二回目以降の報酬配布では、概ね同程度の数量が報酬として配布されます。

• 申込に対する全ての報酬が配布された際、最終的な年率実績が算出されます。

※表示している例・数値はあくまで参考の値となりますので、実際の運用実績とは異なる場合がございます。

https://blog.coin-trade.cc/staking-rule-20220817/

ステーキングする際も200PLT or 1,000PLTでも期間ごとに年率はバラバラです。

アルフィー

この辺りで差が一気に現れるよ

ステーキングするタイミングも多々あり、ずれたりすることも出るので

なるべくなら一括で統一してステーキング出来る方が分かりやすいです。

が!そこはタイミング時期は自分のやりやすいように行ってください

活用出来るなら1,000PLT以上からで考えておきましょう

報酬の最大化

1,000PLTを越え次第すぐにステーキング

人によってステーキング量の違いはあるでしょう

3ヶ月以内に何度か1,000PLTに届くなら直ぐにステーキングで再投資しましょう

回転数が上がり、3ヵ月毎より更に資産の拡大に繋がります。

3ヶ月以内の報酬回数は約8~9回あるので、少しでも資産を増やしたいなら

この方法が一番資産が拡大します。

資産が倍になったことで複利が大きくなる

500万 → 1,000万になるので複利が活きる

投資額は500万だったのでシミュレーションとして倍になるにはどれくらい掛かるのか?

こういった考えでネタとして面白そうと始めたのがキッカケですが、思った以上に面白い結果になりました。

2年3ヵ月で終わらせましたが、これが5年・10年となったら福利効果が更に活きるので、1,000万を越えたら一気に見える世界が変わってきます。

PLT価格が1/10になった場合

ステーキングを続けることが大事

価値が1/10になったら意味がないじゃないかと思われますが、年率が一定数を保ってくれている限りは続けることに意味があります。

5年続ければ原資回収してる以上の通貨になってるので、初期に投資してる以上は資金が減ることはありません

価格が落ち込むのは供給が増え買いが少ないので、グローバル化して買いが増えればおのずと価格も上がります。

まとめ

今回はコイントレードの推定報酬を利用したシミュレーションを試してみました。

現在の年率で上手に再投資を繰り返して行えば3年以内に原資回収が出来ますね

報酬配布などを含めたり年率が変わったら誤差がかなり変動しますが、ちょっとした参考にして頂けると嬉しいです。

実際に報酬を貰った場合からの再投資して複利がどれだけ活きるのか?も気になってたので面白い結果で終わって安心しました。

年率27%のステーキングは魅力的なので参考に

≫公式コイントレード

ペンタゴン

思った以上に面白い結果になったよ

コイントレードの他にPLTウォレットでもステーキングが行えるので、比較する点は自分の優先度から考えて行ってください

≫【比較】PLTウォレット×コイントレードで選ぶポイントは利率or優遇

ではでは今回はここまでです。

(*’ω’*){まったねー

くま太くん

将来どうなるか分からないけど、推定して楽しむのはイイネ(@CodeCrystal)よろしくね

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。